著者 架神恭介

トップページへ

作家、パンクロッカー。早稲田大学第一文学部哲学科卒。

2005年『完全パンクマニュアル〜はじめてのセックス・ピストルズ』(シンコーミュージック・エンタテイメント)を処女出版。その後も『よいこの君主論』(筑摩書房)『完全教祖マニュアル』『もしリアルパンクロッカーが仏門に入ったら』『仁義なきキリスト教史』(同)『作ってあげたいコンドームごはん』(Kindle)などを著述している。

中でも『よいこの君主論』『もしリアルパンクロッカーが仏門に入ったら』は『日本タイトルだけ大賞』『大学読書人大賞』に二年連続でノミネートされている。

著書

ページ上部へ